毎日の食事でサポート!健康な歯をつくる栄養素について

加齢と共に弱っていく歯のトラブルに悩まされている人は多いものです。

最近の調べによれば、虫歯や歯肉炎などを放置すると、心臓病などのリスクが高まることも判明しました。

深刻な体調不良を招く前に、食習慣を見直して、健康的な歯をキープしておきたいですよね。

今回は、歯の健康を考えるにあたり、必要な栄養素とは一体どのようなものなのか説明します。

歯の形成に欠かせない栄養素とは?

健康な歯を形成している重要な栄養素はいくつもあります。

そのなかで、分かりやすくて代表的なものだけをピックアップしてみました。

  • カルシウム(牛乳・小魚・豆腐など)
  • たんぱく質(肉・卵・乳製品など)
  • マグネシウム(ナッツ類・大豆・海藻など)

この3点は歯を作るために不可欠なものであり、例を含む多くの食品に含まれています。

他にもビタミン類を多く摂取しておいたほうが、歯の健康に役立つのでいくつかまとめてみます。

  • ビタミンC
  • ビタミンD
  • ビタミンA

これらは歯のエナメル質や象牙質を形成して、ビタミン吸収を高める働きをするものです。

フルーツで摂りたいところですが、効率よく体内に吸収させるためには、サプリメントを常用したほうが手軽で便利です。

丈夫な歯は1日にして成らず!

歯というものは、想像しているよりも長い年月をかけて形成されています。

健康な歯でも、硬く形成されるまでに5~10年程度の月日を要します。

トラブルが起きてから対処していると、健康的な歯になるまでは相当の時間がかかるのです。

つまり、日常的に歯を労わり、形成する栄養素をしっかりと摂る習慣が必要になるわけです。

歯にダメージを与える悪習慣から、歯を健康にする良い習慣へと意識を変えていかなくてはいけません。

短期間で歯を健康にするのは難しいので、長期にわたってケアをするように心がけてください。

痛くならないと歯医者に行かないという人も多いですが、定期的にメンテナンスすることをお勧めします。

並行して、歯の形成に欠かせない栄養素を含む食品を摂って、食事メニューも工夫してください。

早く取り組めば成果も早くでますので、今すぐに歯の健康対策について考えてみてくださいね。

Close Menu